病院で分け目薄毛の治療を行なう前に知っておくべきこと。

分け目の地肌が目立ってきたあなたへ~効果的な薄毛対策~
女性と男性の薄毛ってどう違うの?~それぞれの原因を知る~
分け目薄毛のサインに気付こう!~チェックリストで確認~

40代や若い世代にも急増中?分け目薄毛

30代前後から40代で増加する分け目薄毛ですが、そもそもなぜそういった症状が起きてしまうのでしょうか。ここでは、分け目薄毛の原因について詳しく解説していきます。

当てはまったら要注意!薄毛要因チェック

分け目薄毛になってしまう人というのは、普段の生活の中に薄毛の原因が潜んでいる場合が多いです。リスト内を見て、自分に当てはまっていないかどうかチェックしてみましょう。

  • 髪の分け目はいつも同じ
  • 朝夜のシャンプーは欠かせない
  • 髪を洗う時に掻きむしるように洗う
  • 夜遅くまで起きている
  • タバコやアルコールを飲む習慣がある

いくつリストに当てはまりましたか?たくさん当てはまった人は、分け目薄毛になってしまう可能性が高いので、今から改善するようにしましょう。では、これらの要因がなぜ分け目薄毛につながってしまうのかという理由を説明します。

なぜNG?薄毛の要因になる理由って?

髪の分け目やアレンジによる薄毛
いつも同じ位置に分け目を作っている人は、分け目薄毛になってしまうかもしれません。いつも分け目が同じだと髪の重みで分け目が左右に引っ張られてしまい、頭皮に負担をかけてしまいます。また、女性の多くがお洒落としてやっているヘアカラーやパーマも髪にダメージを与えてしまう要因となり、分け目薄毛の要因になってしまいます。それと、毎日髪を結んでいる人も要注意です。長時間髪が引っ張られていることも、頭皮にとって良くないことなのです。
誤ったヘアケアが薄毛を進行させる
髪を一日に何度も洗うという人は、頭皮が乾燥しすぎてしまいフケが発生してしまうかもしれません。それだけでなく、乾燥した頭皮を守るために過剰に油分が分泌されてしまいます。過剰に分泌された皮脂で頭皮の新陳代謝が悪くなり、毛髪の成長を妨げてしまうのです。また、髪を洗う時に掻きむしるように洗うのもNGです。頭皮にダメージを与えてしまう洗い方なので、薄毛の原因となってしまいます。
生活習慣による薄毛の進行
近年の日本は食の欧米化が進み、肉中心の食生活に変わりつつあります。野菜や魚を食べる機会が少なくなり、髪に必要な栄養素が不足しがちです。また、タバコや飲酒も薄毛の原因になります。タバコに含まれるニコチンは血行を悪くし、お酒は肝臓に負担をかけてしまい髪に悪影響を及ぼしてしまいます。今一度、自分の生活習慣を見直して規則正しい健康的な生活を送るように心掛けましょう。

病院での薄毛治療はどういうもの?

薄毛治療相談の流れ

女医

薄毛の治療を受けたいと思っている人は、病院でどんな治療が行なわれるのか気になりませんか?ここでは病院での薄毛治療の流れや治療費用の相場について紹介するので、薄毛治療を受ける際は参考にしてみてください。

カウンセリング

まずはカウンセリングで自分の悩みを伝えます。医師から治療が必要かどうか、どんな治療が最適か詳しい説明を聞くことができます。正しいシャンプーの方法や頭皮ケアについてのアドバイスももらえるので、カウンセリングは受ける価値ありです。

頭皮・毛髪チェック

治療を行なう前に、頭皮や毛髪をチェックしておきます。これは、今後治療を進めていく上で大事な情報になります。また、頭皮や毛髪以外に身体の健康状態もチェックします。これらは何が薄毛の原因になっているのか調べるためにも必要な手順になります。

生活指導・ケアと治療

薄毛治療は、主に薬やサプリメントの処方によって行なわれます。それ以外にも、生活指導をして乱れた生活習慣を直していきます。毛髪にはヘアサイクルがあるので、時間をかけてじっくりと治療を進めていきます。

投薬治療で使われる薬

薄毛の治療では、主に外用薬・内服薬・注射薬を使用します。外用薬は頭皮の薄毛が気になる分け目などに塗って使います。内服薬に比べて効果が現れるのが遅いです。内服薬は抜け毛の改善と発毛の促進を目的とした飲み薬です。昔は男性用の薬しかなかったのですが、最近では女性の薄毛に適した薬が登場し注目を集めています。注射薬は頭皮に直接注射して育毛効果を高めるために使用します。他の薬に比べて、比較的早い段階で効果が現れます。

治療費用相場

薄毛の治療をしたことがない人にとって、費用がどのくらいかかるのか気になるところでしょう。薄毛の治療には保険が適用されないため、治療費は全額自己負担となります。費用の相場は、初診料10,000円、検査費5,000円、再診料(薬代込)30,000円となっています。治療にかかる費用は病院やクリニックによって異なりますし、薄毛は一度の治療で完治することはないので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

自分で取り入れるオススメヘアケア

基本のヘアケア

「薄毛なのにドライヤーを使ったら逆効果なのでは?」と思っている人も中にはいるかもしれませんが、抜け毛・薄毛を改善するためには、自然乾燥よりもしっかりとドライヤーで乾かしたほうが良いです。濡れた髪をそのままにしておくと頭皮の細菌が繁殖し抜け毛につながってしまいます。濡れた髪はタオルでしっかりと水気を取って、低温で乾かすようにするのがポイントです。

ヘアスタイルチェンジ

分け目が毎日同じ位置だという人は、別の位置に変えてみると良いでしょう。そうすることで頭皮にかかる負担を減らすことができます。頭頂部のボリュームがないという人は、ドライヤーとブラシを使ってみましょう。ドライヤーを当てながらブラシで髪の根元を立ち上げさせることで頭頂部にボリュームを出すことができます。難しければ美容室で相談してみるのも良いでしょう。

TOPボタン